■ソルパックとは■

敵を味方とする地盤補強法ー「土のう」一体化法ー(ソルパック工法)は、土を包み込んで拘束することによって、摩擦力を大きくする補強メカニズムに立脚している。
「土のう」という日常よく耳にする言葉は、単に土を詰めた袋を意味しているが、その袋が中の土にアクティブに働く事を学問的に証明された土の拘束補強資材が「ソルパック」である。
ソルパック協会事務局

〒107-0052
東京都港区赤坂2-12-33
赤坂永楽ビル5F
株式会社テクノソール内
TEL 03-5570-5450
FAX 03-5570-5471
solpack_info@solpack.gr.jp
 
 ソルパック〜品質(性能)表示された建設資材(登録商標)
 
 [2017.05.25] 制振ソルパック(NETIS登録番号CB-050035-V)の近年の施工実績
制振ソルパックは2005年の登録依頼、数十件以上の施工実績を重ねて参りました。
登録から10年をもって、国土交通省のNETISホームページ(登録から10年の新技術を紹介の趣旨)から姿を消していますが、登録は維持されております。
制振ソルパック工法は、振動対策工として、『土のう積層体(ソルパック)』が有する振動エネルギー減衰効果、路床部・機械基礎部等の支持力増強効果の利点を活かして開発された振動低減対策技術です。
本工法の適用により、人体が感知しやすい低周波数域での振動低減効果が向上します。
特に道路舗装の路床上部や振動源直下の基礎地盤上に敷設する場合の振動低減効果が大きく、路床改良・基礎地盤の支持力増強にも適用することができます。
標準中詰め材(C40-0相当)を使用した場合、CBR≧10〜15(キャスポルによる換算CBR値:NETIS試行調査結果)が確認されています。

【ソルパック協会技術資料】 最近の制振ソルパックの施工実績
 
 
 [2007.07.17] ソルパック協会第7期総会のお知らせ
ソルパック協会第7期総会を平成19年8月9日(木)に開催いたします。
詳細につきましては「お知らせページ」にてご確認お願い致します。
 
 [2007.07.02] 第42回地盤工学研究発表会 出展のお知らせ
第42回地盤工学研究発表会(7月4〜6日:名古屋)技術展示コーナーにソルパックを出展します。
技術展示コーナーへの入場は無料です。
来場をお待ちしております。
 
 [2006.07.27] ホームページ完成致しました
お待たせ致しました。
当協会のホームページが完成致しました。
協会共々、今後とも宜しくお願い致します。
 
 [2006.06.01] ホームページ近日完成予定
お待たせしております。
当協会のホームページはまもなく完成致します。
COPY RIGHT (C) 2006-2008 ソルパック協会. ALL RIGHTS RESERVED.